雑誌広告に用いる用語を五十音順にまとめましたので

ご活用ください。

 

 

アート紙

表面に加工を施した美麗な紙。薄い原紙に白色顔料を接着剤で薄く塗りつけ、乾燥させたあと光沢をつけたもの。表面がきわめて緻密でなめらかなので、ポスター・カレンダー・書籍など高級印刷用に使われてきたが、最近は用途が拡大している。

 

合紙

数量の確認を容易にするなどの目的で、印刷物の間に挟み込まれた紙。又は、紙を挟み込むこと。

印刷や製本の時に、裏移りなどを防ぐ目的で間に挟む紙。一定数量ごとに製品の間に挟む紙。又は、紙を挟み込むこと。間紙(かんし)ともいう。

 

アウトライン化

文字情報やオブジェクトの縁取りを元にして、図形化すること。

 

青焼き

製版フィルム(ポジ)を青写真感光紙に焼付けて作成する校正紙の一種。文字部あるいはページのレイアウト、面付けを確認するために用いる。

 

赤字

印刷の校正刷りなどに書き込んだ訂正指示。訂正指示は,赤ペンをつかって書き込まれるため赤字という。文字校正では、誤字・脱字などへの訂正指示が印刷校正記号をもちいておこなわれる。

 

アクティブ

使える状態にあること。

 

遊び紙

本の中身の前後に入れる白紙ページ。本文と同質の紙をもちい,中身の体裁を整えるために用いる。

 

アタリ画像

アプリケーションソフト等でレイアウト確認のために表示されている「データの軽い粗い画像」のこと。

 

アピアランス

Adobe Illustratorでのアピアランスとは、オブジェクトの外観のことで、アピアランス属性を変更することで基本構造は変更せずに外観だけを変更することができる。アピアランス属性には、塗り、線、透明度および効果がある。

 

網点(あみてん)

グレイスケールやカラーの画像を限られた色数(例えば、白い紙上の黒い点など)の小さな点のパターンで表すことで印刷可能にしたもの。

 

アンカーポイント

ドローソフトなどで用いられる、線(パス)を操作するための点のこと。 これを移動させることで、線をその方向に引っ張り(anchor)、変形させることができる。

 

アンチエイリアス

斜め線や曲線などに発生する階段状のギザギザ(ジャギー)を目立たなくするために、物体の輪郭を背景と融合するように、色を滑らかに変化させる事。

 

アートボード

イラストレーターでドキュメントのサイズ。

 

色温度

ある光源が発している光の色を定量的な数値で表現する尺度(単位)である。単位をケルビンで表し、数値が小さいほど暖色系、数値が高いほど寒色系の色になる。

 

色が転ぶ

オフセット印刷で仕上がった印刷物の色が変化してしまうこと。 プロセスカラー印刷(CMYKの4色印刷)の特性上、表現が不得意な色が存在する。

 

色が沈む

くすんだ発色になること。

 

色空間

立方的に記述される色の空間である。カラースペースともいう。色を秩序立てて配列する形式であり、色を座標で指示できる。色の構成方法は多様であり、色の見え方には観察者同士の差異もあることから、色を定量的に表すには、幾つかの規約を設けることが要請される。また、色空間が表現できる色の範囲を色域という。色空間は3種類か4種類の数値を組み合わせることが多い。

 

裏罫

線幅0.3ミリの罫線。

 

裏抜け

印刷や筆記など、紙の上にインクで文字や図形などを記すとき、紙の裏側までインクが浸透してしまう状態のこと。薄い紙を使用した時に、起こることがある。

 

追い込みサイズ(セーフティ)

文字やロゴ、絵柄等が切れないように、仕上がりサイズより内側に配置する場合の位置(寸法)を指す。

 

オフセット印刷

版銅に付いたインキをブランケット銅(ゴム)に転写した後で用紙に印刷する方法。イメージの元版と被印刷物とが直接触れないのが特長。平版(へいはん)印刷のひとつであり、

写真や色などの再現性に優れ、品質が重視される印刷物を大量に印刷する場合に適する印刷方法。

 

表罫

線幅0.1ミリの罫線。

 

オンライン送稿(入稿)

原稿データを従来のMO・CDやフィルムなどではなく、メールや専用回線などで媒体社へ送信すること。

 

オーバープリント

あるカラーの上にカラーを重ねて印刷すること。 前面にある色と背面にある色とが混ざって印刷されている状態のこと。

 

角版

写真やイラストを正方形または長方形の形で使用すること。 または正方形または長方形の形でトリミング(切り抜き)すること。

 

角トンボ

印刷した後に、仕上がりサイズに裁断するための位置を示す線。

 

カラーチップ

インキメーカーが作成している、特色カラーインキの色見本帳のこと。特色をベタ刷り(100%の濃さ)で刷って綴じた色見本帳として、画材店などで販売している。ミシン目で切り取ると小さなチップ(カラーチップ)になる。

 

カンプ

広告や印刷などの制作において、制作物の仕上がりを具体的に示すために作られる見本のこと。

 

ガモット

色の再現認識範囲のこと。数値、座標によって表現する。

 

キャリブレーション(Carribration)

ディスプレイやプリンターといった機器の色再現性を、正確かつ安定にするために調整すること。

 

切抜き

写真の背景の不要な部分をカットしたもの

 

逆版

写真や図版を、左右または天地を逆に使うこと。

 

クリッピングパス

フォトレタッチソフトのAdobe Photoshopで、画像の一部を切り抜くためのパス、または、その機能のこと。画像の中の切り抜きたい部分に沿ってパスを作成し、その選択された範囲以外の部分をマスク(隠す)する機能。

 

グラビア印刷

凹版印刷のひとつ。細かい描写等の写真印刷に向いている。

 

グレースケール

白から黒の階調の明暗で構成される画像のモード。中間色が灰色で表現される。

 

見当

両面印刷時の表と裏・印刷色の各版・印刷された各色などの位置。

 

下版

校了(責了)した原稿を印刷所へ渡すこと。

 

ゲラ

校正刷り及び校正紙のこと。 印刷所で刷られたためし刷り。

 

校閲

事実の確認や内容の適否・正誤など原稿の内容にまで踏み込んだチェック。

 

校正記号

印刷物の校正や手書きの原稿の組版指定などを行う場合に使用する記号。

 

校了

校正が完了し、印刷しても差し支えない状態になること。

 

小口

書物の、背の部分を除いた三方の辺。上辺の天、下辺の地、背の反対側の前小口のこと。また、特に前小口をいう。

 

コントラスト

明暗比のことを指す。「コントラストを強く」の指示は明暗の差が大きいメリハリのきいた画像になる。

 

コート紙

印刷用紙のうち,表面に白色顔料を塗布した塗工紙coated paperの一品種。

 

サムネール

画像や印刷物ページなどを表示する際に視認性を高めるために縮小させた見本のこと。

 

ザラ紙(更紙)

機械パルプが60パーセント以上、残りは化学パルプを用いて抄造した下級紙のこと。

 

シズル感

揚げ物や肉が焼ける際の「ジュージュー」と音をたてる意味の英語で、そこから転じて、消費者の感覚を刺激して食欲や購買意欲を喚起する手法を意味する語。最近では瑞々しさや新鮮さ、その商品の魅力やセールスポイントなど幅広い意味で使われている。

 

初校

初めての校正。繰り返すことで再校、三校と数字が増えていく。

 

書体

文字の点・画をレイアウトして一定の字形にデザインしたもの。

 

四六判(しろくばん)

紙の寸法のひとつ。原紙の大きさは、788mm×1091mm。

 

白ヌキ

模様・図柄・文字などを、白く地色を抜いて表すこと。 また、そのもの。

 

白フチ

文字などの周りを白く縁取りする事。太さやぼかし具合で視認性を良くしたり、デザイン性を持たす効果が有る。

 

ジップ(zip)圧縮

データ圧縮のフォーマットの一つ。WindowsとMacで互換性が有る。パスワードを掛けてロックし内容を保護する事も可能。

 

ジャギー

画像やフォントを拡大したときに見えるギザギザのこと。

 

純広告

広告の形態の一つで、広告主が媒体の広告枠を買い取り、広告主側で制作された広告を掲載するもの。「広告主側」には広告主自身のほか、広告主側の広告代理店や下請けの広告制作会社などを含む。

 

乗算処理

画像の重ね合わせの際に行う、透かし合成処理。

 

上質紙

原料を化学パルプ100%にて製造された用紙のこと。

 

スプリット・ラン・テスト

一部の要素だけを変更した複数の素材(広告やWebページなど)を同じ環境に露出し、最も効果の高い要素を発見するテストのこと。

 

責了

文字校正で、直しの箇所が少ない場合に印刷所に責任をもたせて校了とすること。

 

線数(lpi)

印刷物の精度(きめ細かさ)を示し、1インチあたりに並ぶ網点(の中心)の数のこと。 単位は「線」や「lpi(line per inch)」で表す。編み目の細かさ、1インチに並ぶ網点の数、印刷する紙の質や印刷方法などにより、適正な線数がある。

 

CMS

Color Manegement Systemの略。デジタルカメラ、スキャナ、モニタ、プリンターなどの異なるデバイス間の色を統一的に管理するシステムのこと

 

CMYK

カラー印刷に使う基本の4色、Cyan(シアン:藍)、Magenta(マゼンタ:緋)、Yellow(イエロー:黄)の頭文字とblack(ブラック:墨)の最後のKをとった言葉。

 

JPEG

画像ファイルの圧縮・伸張フォーマットのひとつ。非可逆圧縮の為、画像は劣化する。国際的に静止画像の圧縮規格の標準となっており、Macに限らずWindowsやUNIXなどとも直接やりとりができる。

 

裁ち落とし

裁ち落としとは、写真や絵柄などをページの仕上がりいっぱいにレイアウトして、余白をなくしたもの。このため、“ドブの塗り足し”の意でも使われる。

 

TAC値

Total Area Coverageの略。総インキ量。

 

タブロイド判

一般的な新聞の半分の大きさを表す。

 

単色

単一の色のこと。

 

台割り

一度に何ページを印刷するか、各ページの内容をどうするかの割り振りを意味する用語。

 

台割表

冊子の構成を頁順に一目でわかるようにした一覧表。

 

ダブルトーン

同一原図から二つの異なった調子の版をつくり、刷り重ねることで、グラデーションをだすもの。

 

丁合い

不揃いの印刷物をページ順に揃えひとつにすること。手作業で行うものは手丁合いという。

 

束見本(つかみほん)

作製予定である書籍と同じ材料、ページ数で表紙・見返し・本文・口絵・扉などを製本した、その書籍のサンプルのことで、その重さや寸法などを正確に把握する為につくられるので表紙や中身は印刷されていないものを使用する。

 

特色

印刷においてプロセスカラーでは再現できない色を表現するために、あらかじめ調合(調色)されたインクのこと。スポットカラーとも言う。

 

塗工紙

原料の片面または両面に顔料と接着剤を混合した塗料を塗布した印刷用紙。

 

トラッキング

文字組版において、文字列の字間を一律に調整すること。(→カーニング:一字ごとに字間を調整すること)

 

トラッピング処理

多色印刷で,見当ずれで色の境界部分の下色が現れることを防ぐため,隣接する一方の色を太らせて色を重ね,隙間をうめる方法。

 

トリミング

写真をレイアウトする際、不要な部分をカットすること。DTPで使う画像データの場合は、画面上で不要部分をカットできる。

 

トル(トルツメ)

校正指示記号の一つ。不要な文字・記号などを削除し、その後を詰めるという指示。

 

トンボ(トリムマーク)

トンボとは印刷物を作成する際に、仕上がりサイズに断裁するための位置や多色刷りの見当合わせのため、版下の天地・左右の中央と四隅などに付ける目印。

 

トンマナ

「トーン&マナー」の略で、デザインに一貫性を持たせること。「調子と様式」。

 

トーンカーブ

フォトショップにおいて、画像の明るさや色調を補正する機能で、画像内の入力に対する出力の濃度変化を表したカーブ。

 

ドット

文字やグラフィックを表現するデバイスの物理的な最小単位。プリンタやスキャナでは1インチあたりの表現単位(dpi:dots per inch)

 

ドブ

印刷物のデータを作成する際、仕上がりのサイズよりも少し大きく作成するが、その際の仕上りサイズの外側部分のこと。

 

ドロップシャドウ

イラストレーターやフォトショップの機能の一つで オブジェクトに対して影(シャドウ)を付ける。 影は濃さ・太さ・位置を調節する事が出来る。影を付ける事で擬似的に立体感を出す事が出来る。

 

中黒

「・」のこと。単語の並列の区切りや縦組みの小数点、外国語表記の区切りなどに使われる。中点(なかてん)とも言う。

 

中綴じ

重ねた紙の中央を綴じ、二つ折りにして針金や糸で仕上げる製本方式。

 

ニス引き

表面に透明な樹脂液を塗る加工で、表紙やカバージャケットなどの印刷物の表面に耐熱性、耐摩擦性、耐水性などの耐久性を持たせることを目的とする。

 

入校

校正用の原稿を渡すこと、あるいは原稿が入って来ること。

 

ねむい

コントラストが低く、印刷の濃淡の範囲が狭くなっている画像のこと。

 

念校

印刷で、校了の直前に、もう一度念のため行う校正。また、その校正刷り。

 

のど

本の綴じ目の側の部分こと。反対に、本を開く側のことは「こぐち」(小口)と言う。

 

ノンブル

印刷物の各ページの順序を示す番号のこと。

 

ハイライト

原稿や画像の最も明るい領域で、ハーフトーンでは最小の濃度で表現される。

 

箔押し

紙に箔を乗せ、金版で過熱・加圧して文字や模様を型押しすること。箔を使用せずに空押しをする(エンボス)もある。

 

書籍や雑誌など冊子形式の印刷物の紙面において、内容が印刷される範囲[=版面]周囲の余白(マージン)に配置される、書名・章・節・内容の要点などを記した文字列。

 

版下データ

イラストレーター等のレイアウトデータ。

 

反射原稿

プリントした写真原稿やイラスト原稿のこと。 光を反射する原稿であることが由来。ネガフィルムやポジフィルムなどの写真原稿は、透過原稿と呼ばれる。

 

版面

ページ上で、上下左右の余白(マージン)を除いた、本文などが印刷される領域。

 

バイナリ

バイナリとは、コンピュータ用語としては、データが「0」と「1」で表現されているデータ形式のこと、あるいは、テキストではない情報でデータが書かれているファイル一般のこと。

 

バウンティングボックス

原稿の境界を示した枠のこと。

 

バーコ印刷

盛り上げ(浮き出し)印刷の一種。 印刷されたインクに樹脂のパウダーを付着させて、その後の熱処理によってパウダーが溶解してそのまま固まることによってインクの上に盛り上がりが出来る。

 

パス

イラストレーター、フォトショップなどにおける線のこと。

 

非可逆圧縮

可逆圧縮と違い、元のファイルと圧縮解凍後のファイルが一致しない圧縮形式。例jpeg、mpegなど。(不可逆圧縮とも言う)

 

非画線部

印刷版面のうち、印刷インキの付着しない部分。

 

平網

均一濃度の網点パターンのこと。

 

平綴じ(ひらとじ)

丁合の完了した折丁の背から約5mmを綴じ代として2~3ヶ所を針金で綴じる。 針金綴じしたものは背に糊を付け(背固めと称す)、最後に表紙を貼り付けて完成となる。 広義には、針金を用いない「無線綴じ」を含むことがある。

 

ピクセル

画像の色情報(色調や階調)を表現する最小単位。日本語では「画素」、英語では「pixel」(ピクセル)

 

PP加工

ラミネート加工の一種で、ポリプロピレン加工のこと。 印刷された紙に接着剤を塗布してフィルム(Poly-Propylene Film)を圧着させる。

 

ファイル圧縮

ファイル圧縮は、データ送信時の送信時間の短縮、データ保管の容量の節約などを目的としたファイルデータサイズを小さくする作業をいう。ファイル解凍は圧縮されたファイルデータを元のデータ容量に戻す作業をいう。代表的な圧縮・解凍ツールとしてZIP、StuffIt、MacLHAなどがある。

 

ファイルストレージ(オンラインストレージ)

インターネット経由でファイル保管用のディスクスペース(サーバー上の領域)を貸し出すサービス。大容量のファイルの保管・取り出しが可能であり、メールでは送信できない大容量のデータを社内外で共有使用することができる。

 

ファンシー・ペーパー

洋紙仕上げの特殊紙の一種。豊富な色・風合いを持ち、美的感覚を満足させてくれる高い装飾性を持つ紙の総称。ブックカバーや表紙、ノート、便箋などの装丁、POPや包装紙、そして貼箱などの高級化粧箱の貼紙等々、様々な分野で使用されている。

 

フォント

印刷や画面表示に使い、デザインに統一がある一そろいの文字。

 

袋文字

文字修飾の一種で、輪郭線だけがある文字を指す。

 

不透明度

画像処理の透かし効果の見える度合い(%で表現される)

 

ブランケット判

一般的な新聞紙の用紙サイズのこと。約半分のサイズは「タブロイド判」。

 

プリフライト

ドキュメントを出力する前にデータを確認する作業工程のこと

 

プリプレス

印刷に用いる刷版(印刷機にかける原稿)を作成するまでの一連の工程の総称。

 

プレスコート

熱硬化する樹脂を印刷面に塗って熱と圧力をかけて冷却することでツヤを出す加工。光沢感が出せる。

 

プロセスインク

オフセット印刷でY(イエロー)、M(マゼンタ)、C(シアン)、K(ブラック)の各版に用いる多色刷りの基準になるインク。この4色のかけ合わせによって様々な色が印刷再現される。

 

プロセスカラー

CMYKの4色インクを用いて色を表現すること。

 

ベクターデータ

座標で決められた点と線で表現されたデータ。そのため、拡大・縮小しても画質の劣化は発生しない。↔ラスターデータ

 

ベジェ曲線

イラストレーター等で描く滑らかな曲線。始点と終点の間に制御点がある曲線。

 

ベタ

印刷の濃淡は網点の大小で再現させるが、網点面積100%すなわち全面にインキがついている状態をいう。

 

ベタ組み

文字の間をあけたり詰めたりせずに文字を組むことを言います。

 

ベタ白抜き

色ベタに白抜き文字がある状態を示す表現

 

PANTONE

アメリカのPantone社のカラー印刷用特色インキのカラーガイド。DTPソフトでも選択・指定できる。

 

POP

Point of purchaseの略。店頭での販売促進を目的とした広告。

 

pixel

コンピュータで画像を扱うときの色情報の最小単位。画素。

 

マスク処理

画像の一部を隠すこと。配置した図版や画像の不必要な部分を切り抜く処理。

 

マット系

紙の表面が艶消し加工されているコート紙やアート紙のこと。

 

マージン

印刷物の版面の周囲の余白のことをいう。 上部の余白を「天」といい、下部を「地」という。

 

見開き

書籍・雑誌・新聞などの向かい合った偶数・奇数のページの2ページ分のこと。

 

無線綴じ

製本の方式の一つ。丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して表紙を貼り付ける。広義の「平綴じ」に含むことがある。

 

モアレ

規則正しい模様を、デジタル写真などのビットマップ画像にした場合、画像の画素解像度と模様の周波数のずれが原因で縞模様が発生すること。また印刷でも網点という点の集まりに画像を変換するので同様の現象が発生する。

 

文字校正

印刷物の文字や文章に誤り(誤字や不適切な表現)がないかをチェックし、誤りがあった場合は修正する作業の事。

 

モノクロ2値

白と黒(スミベタ)で構成された画像。中間調の表現は出来ない。

 

モノトーン

単一の色の濃淡だけで表現すること。

 

約物

言語の記述に使用する記述記号類の総称で、専らフォントなど組版を意識して使われる用語である。具体的には、句読点・疑問符・括弧・アクセントなどのこと。

 

ヤレ

印刷の工程で、製品として使用できなくなった印刷物のこと。使用できなくなった用紙を「ヤレ紙」または「損紙」と呼ぶ。

 

ラスタライズ

ポストスクリプトデータを画像データ化(ラスター化)すること。これにより文字情報データが画像データになる。電子送稿の場合、グラデーションなどの部分に使用する。

 

ラスターデータ

行と列の格子状(グリッド状)に並んだセル(ピクセル)で構成されるデータです。細かい表現が出来るが、拡大・縮小などによって劣化する。↔ベクターデータ

 

ラミネート

印刷物やデジタル出力紙等の保存性を高めるため、ラミネートフィルムを印刷物の両面、又は片面に貼ること。マット・グロスがある。

 

リーフレット

綴じられていない一枚ものの印刷物のこと。

 

リサイズ

拡大・縮小しサイズを変更する事。製版ではイラストレーターやフォトショップなどを使ってデータの大きさや解像度を変える事。

 

リッチブラック

ブラック(K)1色で表現した黒ではなく、他のカラーを混ぜて、より深みのある濃い黒にすること。

 

リーダビリティ

読みやすさ。文章そのものの内容表現や用語を整理統一して読み易くすること。

 

リーダー罫

点線のこと。三点リーダー「…」や二点リーダー「‥」がある。通常、和文は文字の天地(高さ)の中央に、欧文は文字の下のラインに合わせる。

 

ルビ

ふりがな用の文字のこと。全てにふるものが総ルビ、ところどころにふるものがパラルビと呼ぶ。

 

レイアウト

一定のスペースの中に、文字・イラスト・写真・記号などを効果的に配置すること。割り付け。

 

レイヤー

層・階層の意味。グラフィックソフトウェアにおいてはオブジェクトや画像を何層にも重ねた複雑な表現が、それぞれのレイヤーごとに操作・変更が出来る機能。

 

レジストレーション

CMYKすべて100%で出力される色。色分解した版の位置合わせに用いるトンボの色。

 

レジビリティ

書体や字詰めや行間を工夫して視覚的に読み易くすること。

 

レタッチ

画像の色の補正や汚れの除去、合成といった画像の修整や加工作業のこと。

 

連続階調

網点で構成されるのではなく、銀粒子あるいは染料粒子などで階調が連続的に構成される。白黒の2階調ではなく、濃淡の段階が滑らかに無限に存在している。

 

ロゴ、ロゴタイプ

商標・社標・タイトルなどのデザイン化された文字のこと。

 

ロゼットパターン

網点が並び合って形成される円形パターンの一種。Y(イエロー),M(マゼンタ),C(シアン),K(ブラック)4版の網目スクリーンを特定のスクリーン角度,スクリーン線数,ドット形状で重ね合せたときに形成されるもので,視覚的に容認できるモアレである。

 

LoReso(ローレゾ)

Low Resolution(ロー・レゾリューション)の略、低解像度の事。

 

RAWデータ

デジタルカメラで撮影された際の画像情報が、未現像の状態でデータとして保存されたもの。

 

割付け

レイアウトのこと。効果的な仕上がりを考慮し、文字・イラスト・写真などの大きさや位置などを決めること。または、同じ行の中で文字の間隔を調節すること。